モ-ツァルトのピアノソナタ8番イ短長k310は、好きなピアノ曲です、この曲を作った時の、状況が、病気の母、就活の困難など、精神状態の不安定が曲にあらわれているとも評論されています。1から3楽章までの中で、たしかに、
みえかくれしているところを感じます。短調の曲が少ない、モ-ツァルトのピアノ曲の中で、すばらしいピアノソナタだとおもいます。

投稿者: toshiyu03site

皆様と想い出の曲を、語り合いたいとおもいます。よろしくお願いいたします🎵

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。