童謡唱歌の、椰子の実、は好きな唱歌です。🎵🏝️ 島崎藤村先生が明治時代に作った詩に、昭和にはいり、作曲家の大中寅二先生が作曲したと、記されてました、赤とんぼの作曲者であられる、山田耕筰先生の門下生だったと記されてました。詩が、枝はなお、影をやなせる、とあります、この、やなせるという表現はどうでしょう、 やしの枝はいまもなお、影をつくっているのだろうか?という風景をおもいめぐらす
表現は素晴らしいです。

投稿者: toshiyu03site

皆様と想い出の曲を、語り合いたいとおもいます。よろしくお願いいたします🎵

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。