🇦🇹Friedrich Gulda

Johann Sebastian Bach,

Das Wohltemperierte klavier

Book 2 : preludes and fugues, bwv 870-893

Friedrich Gulda- Piano

recording date: 1973 . 5 . west Germany. mps-studio.

no1 c major bwv 870, 2 c min 871,

3 c sharp maj 872, 4 c sh min 873, 5 d maj 874, 6 d min 875, 7 e flat maj 876, 8 e fl min 877, 9 e maj 878, 10 e min 879, 11 f maj 880, 12 f min 881, 13 f sh maj 882, 14 f sh min 883, 15 g maj 884, 16 g min 885, 17 a fl maj 886 , 18 a fl min 887, 19 a maj 888 , 20 a min 889, 21 b fl maj 890, 22 b fl min 891, 23 b maj 892, 24 b min 893,

no’14 , a triple fugue with three themes, it’s a masterpiece with delicate emotions,

no’ 22 , counterpoint is used intricately,

it’s deep emotional, the top prelude and fugue of Book 2,

Das Wohltemperierte klavier * is etudes, most of these etudes are from the k¨othen era, etudes that use the fugue technique are a treasure for later musicians, conterpoint , harmony , and fugue techniques are complex and esoteric,

Mozart studied Bach’s music, of course ,many other musicians too,

when I get lost mentally,

I’m coming back to this deliberate world of music,

投稿者: toshiyu03site

皆様と想い出の曲を、語り合いたいとおもいます。よろしくお願いいたします🎵

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。