🇯🇵 バス通り

1974,  らいむらいと- 甲斐バンド,

デビューシングルです、フォ−クロックの頃の名曲です。

初々しくも、せつない歌です、

‘‘ 歩いている僕が恐くなって ’’

この恋を守っていくような、なんの力も無い自分が恐くなって、背中を向けてしまう(解釈はいろいろですが)、

スト−ンズ フリークの甲斐さんも、デビューはフォーク調の曲を歌ってました、歌声が初々しいです、 この、バス通りは歌詞が切なく文学的です、学生の頃の恋を、風景と共に、思い出させてくれます。

校舎が見えるバス通りを歩くと、この曲を口ずさみたくなります。

🎵枯れ葉が僕等の歌声を隠した

バス通り〜

 

 

🇨🇦 This Wheel’s on Fire

1968,  Music from Big Pink – The  Band,

songwriter:Bob Dylan ,  Rick Danko,

the electric piano sounds good ,

when i put the record on , it seemed to be playing in my room🎵

this album is worth to listening , their attitude towards music is amazing❗

Rick  Danko ,  i like his country and forked bass , i admired him  as a bassist,

75′  🎵it makes no Difference , i intoxicated with that his singing voice ,

バンドのデビューアルバムの中の、リックダンコとディランの共作の曲(火の車)です、エレクトリックピアノが独特な音を出してます、

リックダンコの、カントリーとフォークが混ざった感じのべ−スが、良い感じです。

〜☘️ボ-カリストとしては、南十字星に収録されていた、🎵同じことさ、の歌声に酔いました。

 

 

 

🇺🇸 Tea for Two

1950,  Tea for Two- Doris Day & Gordon MacRae,

songwriter:Vincent M . Youmans,  Irving Caesar , 1924,

this song was used in a musical comedy movie-  no , no  Nanette (25’),

i was exposed to her songs and movies when i was about ten years old (1971),   Doris Day❗she was so charming with curly blond hair👗

i really like her because she was an American actress ,

i like also  🎵Que  sera, sera ( whatever will be, will be )−the man who knew too much- Hitchcock’s movie (56’),  listening to this song made me feel bright ,

58’🎵Tea for Two  cha – cha ,    hit dance number -(Tommy Dorsey & his orchestra),

63′ 🎤Anita  O’Day ,  she sang  in scat with saxophone, trumpet ,  her singing voice of that dialogue was wonderful🎵

now,  it’s a jazz standard ,

私が10才ぐらいの頃、淀川長治さんの、日曜洋画劇場🎦だったと記憶してますが、ドレスデイの主演映画、二人でお茶を、をはじめて観ました、ドレスデイは、ゴ−ドンマクレイと二人で、この歌を歌ってました、カ-ルがかった金髪が、いかにもアメリカの女優さん、といった感じで、とてもチャ-ミングでした。

余談ですが、曲のタイトルをきくと、関係ないですが、L.ツェッペリンのプレゼンスの最後に入っていた、🎵一人でお茶を、をいつも思い出します、こちらは、スローなブルースロックですが、ロバートプラントが、少しパロディー的に、タイトル ネ-ミングしたのでしょう🎵

〜☘️ ドレスデイさんは、明るく美しく、チャ-ミングでした🎵🐬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

🇺🇸 People have the Power

1988,  Dream of life – Patti Smith ,

songwriter:Patti Smith , Fred .D. Smith ,

she advocates for freedom and liberty,

this song is a powerful message song she wrote with her now late  guitarist husband,  ‘‘ we can turn the earth’s revolution ’’

the straight lyrics hit my heart (soul)

drums- Jay Dee Daugherty ,  his drums tell us to ‘ wake up  ❗’

🌿 Bono🎸,  he is influenced by and respects her rock ,   Patti and U2  co- starred at the O2 arena ,  i saw the live video and once again felt the power of  Music ❗

each person has incredible power❗

and ,      you are me ,    i am  you ❗

パティスミスさんが、今は亡き、ギタリストである夫の、フレッドさんと作った、力強いメッセージソングです。

彼女のロックを敬愛している、ボノとの共演、ロンドンのO2アリ−ナでの、U2とパティのライブ動画を観ました、

改めて、音楽のパワーを感じました。

勇気の湧いてくる、力強いメッセージソングです。

 

 

 

🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 Sunny Afternoon

1966, Face to face – The Kinks ,

songwriter:Ray Davies

they also changed from rock’n’ roll to psychedelic pop the same as Beatles ,

the piano is like a tavern(western saloon)and it feels good🎵

Ray Davies , his lyrics are socially satirical and ironic , it’s really a treasured life ,but all taken away by the tax office,

even when he’s rich, he writes sardonic songs like this,

this is a parable, but i’m really poor,

〜🌿 曲の展開とサビメロが、子供向け番組、ひらけ!ポンキッキから、大ヒットした、およげ!たいやきくん🎵 を思い出します。

あれだけの大ヒットなのに、始めの契約によって、報酬をほとんど得られなかった、歌手の子門真人さんが、あまりに可哀想な気がします。

 

genre− rock , Pop

 

 

 

 

 

🇺🇸 Woman

1980, Double Fantasy−John Lennon, Yoko Ono,     

those who criticized the album thought that (John , who was a rocker , has completely become a family man , he quit the fight and fled home, )

some fans were disappointed,

but , i think i understand John’s feelings, and it feels good to see a warm and loving couple,

this song has something in common with (🎵Girl−Rubber Soul),

he asked a Woman for motherhood? he was over his boyhood yet ,

all women have motherhood , are men kept alive in women’s hand?

there are words like this ‘Mother Earth’,

and we are all alive on Earth.

このアルバムに、批判的な人々は、ジョンはすっかりロッカーとしての戦意を失って、家庭人になってしまった。と、がっかりしました。女性に母性を求め過ぎの感は、ありますが、ジョンの気持ちも、解る気がします。 愛あるアルバムです。

genre− rock , Pop

 

 

🇺🇸 Fingertips

1962,  Recorded Live:the 12 year old Genius, –  Little Stevie Wonder ,

songwriter:Henry Cosby ,  Clarence Paul,

the performance was not calculated,

he sat down and started playing the Bongos 🪘 and  blow the harmonica,

he exploded the emotions that welled up on stage ,

the audience was thrilled with his performance,

he also showed mischief , he played the song (🎵 Mary had a little lamb)at the end of the song,

at this time,  the audience witnessed the genius boy,   and  the audience saw  a historic moment at popular music.

その12才の少年のパフォーマンスは、衝撃的だった❗

アルバム、ジャズソウルオブ〜 からの曲をやるよ❗と声かけて、ボンゴを叩き始め、ハ−モニカを吹き、内なるソウルのエネルギーを爆発させました。最後に、童謡、メリーさんの羊を演奏するという、少年らしい茶目っ気も、披露しました。

観客は、歴史的瞬間を見る事になります❗

 

 

 

🇺🇸 Bright Eyes

1978,  Watership Down(soundtrack)- Wally Sott (Angela Morly )

songwriter:Mike Batt ,🎤Art Garfunkel ,

writer:Richard Adams ,

british anime movies ,

i didn’t watch this movies ,  according to the commentary ,  this story is fantasy for children , but  adults can also enjoy it,  including a little religious feeling ,

the rabbits who overcome hardships in search of peaceful land ,

a peaceful world without pain or pleasure ,  strange and peaceful world,

i love  Art’s clear singing voice🎵

78′ のイギリスのアニメ映画、ウォータ−シップダウンのウサギたち、の挿入歌として、ア−トガ−ファンクルが、あの澄んだ声で歌ってます🎵 映画は観てませんが、霧に包まれた丘で、ウサギ達が不思議な世界に入り込む場面で、この曲が流れる様です、

80′ 井上陽水さんが、シングル盤でリリースしてます、Bright Eyes (b面、答えはunderstand)、井上陽水ファンには、貴重なシングル盤です、ア−トガ−ファンクルと井上陽水、この二人のシンガーを思う時、透明感のある歌声という点で、共通するものがあります、訳詞の形で歌う陽水さんの歌が、不思議な世界感を表現してます、ウサギ達の迷いこんだ世界、そこは、苦も楽も無い、穏やかで不思議な世界。

DSC_0284